ひとぱん工房のブログ

工房の床にモルタル流しが終了

モルタル後半2

工房の床のモルタル塗りが完成しました♪

分け目の色が変わってしまうと言われましたが、そんなことは全然きになりません^^

ゆくゆくは床にクッションマットを敷く予定ですし工事を1日にしようとすると、またいろいろ費用が増えるようなので。。

工房の床を作っています

先に奥の2分の1、後半は手前の残りをやってもらいました。

奥を流してから2日が経ち、今日手前が流れました。

乾いてくると乾燥して色が白っぽくなっており、前半後半の位置がよくわかりますね〜

ブラーンと、ガス管が空中を垂れているのですが、そこもうっとしかっただろうに、なんとか避けて作業してもらえたようです。

10センチほど、手前の部屋よりも高くなっており、もう最初にみた物件ではないような、そんな感覚になりました。

モルタル後半1

ここから、いろんな道具や物が入っていくので、どんどん狭くなっていくと思います。

収納とか、使い勝手をしっかり考えていきたいところです。

そして、オシャレな工房に、できる限り近づけていきたいと思います!

モルタルやら生コンクリートやらを流すと、1ヶ月かけてゆっくりと化学反応を起こし、水分を失いながら、固まっていくのですが、

2日間で、上を歩けるくらいに乾燥はします。

どのようなパン工房にしようか。

実際、このできた床に、オーブン搬入するのは5日後。ちょっと心配ではありますが、

GW前というタイミングもあって、搬入もピンポイントの27日を逃すと、少し先になってしまうので、祈る思いでやり進めるしかありませんo(`ω´ )o

でも、どんどん変わっていく工房の様子に、

ワクワクドキドキ。こんな床にして、こんな壁で、こんな棚があって、、

と妄想を膨らましては、ニヤついています。

それに見合うパンを焼かねばなのですが、楽しい未来を待つんじゃなくて、創っていきます!

ちなみに、今一番ピン、と来てるのは、↓

工房イメージ

こんな感じです♪

海外の厨房ってこんな感じでしょうか。

清潔感があって、仕事に入る時に、クリアな気持ちになりそう、と思えた雰囲気でもあります。

この壁紙を、メトロシートもしくはサブウェイシートと呼ぶらしいです。

ネットでも売られていますが、結構高い(^◇^;)

いろいろ検索すると、100円均一では、唯一セリアから販売がありました!

試しに3本買ってみて、壁が造作できたら貼ってみようと思います。

部屋がかなり高くなったので、正直150センチの私に、脚立を使ったとしても貼れるかどうかわかりませんが、チャレンジはタダ!笑

また様子を報告しますね。

予約注文を受付中

ひとぱん工房では、パンの予約注文を受け付けております。

電話、LINE、予約フォームのいずれかで、ご注文いただけます。

予約注文はこちら