ひとぱん工房のブログ

クロス貼りに挑戦!77歳のスーパーマン

クロスを自分で貼ることに決めました。

いざ、壁紙を選ぼうとすると、ネット上にはたくさんのデザインの壁紙が、、(^◇^;)

選ぶのは楽しいけど決めるのが大変ですね(笑)

父が現役の時にお世話になったクロス職人さんから、ありがたいことに生のりやら道具やらを拝借することができました。

決めたらあとはやるだけですね☆ワクワクしているのは私だけ(笑)

77歳の現役スーパー職人さん

今回サポートしてくれたクロス職人さんは、今も現役で現在77歳。すごい(・・;)

息子さんも後を継いでいますが、クロス貼りは1人作業手が増えるだけでも仕事の進みが全然違うらしく、なかなか引退できず、今もバリバリ仕事をしているそうです。

 

父とは久しぶりに会いましたが、私が開業すると聞いて、すごく喜んで協力してくれたそうです。感謝( ´∀`)

クロスは自分で注文してみました。

最初は職人さんにお願いしようと思っていたのですが、見積もり内容を詰めていく時に、大工さんが「予算を落とすならクロスをカットしましょう」と、真っ先にカットしたのがクロス貼りでした。

つまり、自分でやろうと思えばできる箇所なのかも、と感じていて、いろいろ調べていくうちに、

「壁紙屋本店」といサイトに行き着きました。

https://kabegamiyahonpo.com/

 

楽天市場の中のショップなのですが、このサイトを見ていると、「できる気がする」という自信がムクムク湧いてくるような、素人にやさし〜く案内してくれる壁紙ショップでした。

DIYブームがここにも

父が言うには、壁紙を貼るのは昔は職人の仕事だったけど、

近年、生のりがすでに付いている壁紙が販売され頑張れば素人でも綺麗に貼れるように商品開発が進んでいるそうです。

DIYブームにも乗っかってますね(^ ^)

 

「壁紙屋本店」では、「人類職人化計画」という面白いキャッチコピーで、本当にわかりやすく、動画や画像で貼り方の説明をしてくれていますので、クロス貼りに興味がある方は、サイトに行ってみてください♪

 

壁紙を何にするのか、父とスカイプで何時間も話し合って決めました。

ここで父はデザイナーだったということに、改めて実感しました。

今まで、土間解体とかブロック壊すとか、産廃業者探すとか、いろんな壁を乗り超える助けをしてくれましたが、

父の本職はデザインでした〜心強い(^◇^;)

 

話し合った末、壁紙は3種類でいくことにしました。

1種類は、木目、1種類は色付き、1種類は白。

木目は私の好きなスヌーピーにしました。

ちょうど特価だったこともあります♪

明日、父が来たら、作業開始です!

続く

白の壁紙
パン工房の壁紙を剥がします以前パテした画像をアップしたら、その道の人から「パテはもっと塗った方がいいですよ〜」と連絡いただいたりして(感謝です!) さらに上...
予約注文を受付中

ひとぱん工房では、パンの予約注文を受け付けております。

電話、LINE、予約フォームのいずれかで、ご注文いただけます。

予約注文はこちら