ひとぱん工房のブログ

店舗施工が着々と進んでいます。

壁造作3

床のモルタルが乾いてきて、大工さん設備屋さんの出番となり、作業が始まりました。

私もずっとはいないのですが、見るたび変わっていってます。

27日にオーブンが搬入されるので、かなり急がないといけないと思いますが、大工さんって手が早いんですね!

仕事も綺麗で、感動です^^

炉端焼きよ、さようなら

今は、床が下がったことで腰から下の壁がないこと、システムキッチンの吊り戸棚が高い位置にあることもあり、変な部屋に見えますが、ここからどんどん1つの違和感のない部屋にしていきます。

過去の炉端焼きの雰囲気が、タイルがあることで払拭できませんでしたが、この壁ができたら、さよならできそうです。

壁造作2

システムキッチンの周りを型どるように、少し残っていたタイルを取り除き、木の骨組みをつけていきます。

タイルから少し前に張り出し(ビール瓶が置けるくらいの幅)壁ができます。その隙間には、配管、電気配線などが貼り巡ることになります。

逆にその張り出しが、オシャレになりそう、、と感じています。

今はベニヤ板の色ですが、ビンテージカラーにするとかなら、私にもDIYできそうです☆

水色のタイルは、吊り戸棚の色とよくあってるのですが、私の工房のイメージではないので、ここは今後、一新していこうと思います。

壁造作1

システムキッチンがくっついていた壁1面に、その張り出し造作をします。

その壁には流し台が並びます。壁にはキッチンパネルという火にも水にも強い、マンションのガスコンロのそばによく貼ってあるパネルを使うよう当初考えていましたが、火元がなく、そこまで熱に強くなくてもいいということで、もっと安い同じようなパネルを貼ることになりました。

ツルツルしていて、掃除がしやすいパネルです。カラーはこれから選びます。

↓この面の壁は、奥の別の物件を隔てる壁です。

壁造作3

ドアがあるので、まるで隣の部屋に行けそうですが、開けると防火板があるだけなので、ここは隠してしまいます!トリックアートのようなドアよ、さようなら!

このドアこそ、この部屋が不思議な空間にみせてしまう1番の原因でしたね笑

板の厚み分、部屋は狭くはなってしまいますが十分な広さです( ´ ▽ ` )

まだまだオシャレ工房には果てしなく道のりは長いですが、、プロセスも楽しいですね!

なんとなく、部屋が暗いなぁと思われた方も少なくないかと思いますが、電気もLEDの立派なものが入って、明るい工房になる予定ですよ^^

続く

奥の壁
明日のオーブン搬入に向けて、急ピッチで工事明日はとうとうオーブン搬入! それまでに壁の造作やら電気配線やら、水道管やらを終わらせないといけません。 日中大工さんがはい...
予約注文を受付中

ひとぱん工房では、パンの予約注文を受け付けております。

電話、LINE、予約フォームのいずれかで、ご注文いただけます。

予約注文はこちら