ひとぱん工房のブログ

パン工房の壁紙を剥がします

白の壁紙

以前パテした画像をアップしたら、その道の人から「パテはもっと塗った方がいいですよ〜」と連絡いただいたりして(感謝です!)

さらに上からパテを塗りました。

前回水を足して作る粉パテでしたが、今回はすでにペーストになっている液パテを使って塗りました。

その方がパテの状態が安定していたし、何より楽でした。

パン工房の壁紙を貼る前に

パテは塗っても「痩せる」といって、塗りたての時に比べ乾くと減ることがよくあります。

職人さんは多いと4回パテを塗り込んで、綺麗に紙ヤスリで平にしていきます。

 

そこまで行けば仕事は8割終わったようなものだそうです。

貼る前が一番大変だけど大切なんですね。

かなり古い店舗で壁紙はかなり埃っぽく汚れていたので、全部剥がしてからパテを塗っていきます。

クロス剥がし1

のりがしっかり付いていたところが、強く剥がれてしまいました。

わずかな段差ですが、貼った後に浮き出てきてしまうのを避けるため、パテをします。

パテ塗り2

綺麗に角がたつように、「コーナーテープ」を角に貼りつけ、その上からパテをします。

頼めばよかったかも、、と後悔しそうになるところではありますが、

なんとか塗り込み、ヤスリで削っていきました。

細かい粉が舞うので、マスクは必要です。咳き込みます。

職人の道具はよく出来ている

最初は「白い壁紙」から。

白といってもいろんな白があり、いろんな表面、生地感があります。

木目の壁紙がキャラクターなので、白で静かなデザインを選びました。

のり付き壁紙なので、フィルムをめくれば生のりがたっぷり付いています。

高い位置での作業のため、危険もあるので注意しながら貼っていきます。

身長170センチの父が、奮闘してくれました。

クロス貼り1

初心者セットという道具を一式買いましたが、既に持っていたカッター以外はどれも本当に重要な役割で、

綺麗に貼るために考案された、クロス職人たちの歴史を感じました!(知らんけどw)

クロス貼り2

既に壁に付いている配電盤などは、外すことはできず、うまくカットする必要がありました。

でも生のりは、何度も貼り直しがきくので、ベストな位置になるまで何度もチャレンジができる、というところが気を楽にしてくれましたよ。

クロス貼り3

何度も「完璧!!」と褒め称えながら作業すると、モチベーションの維持に繋がりました( ´∀`)

実際、本当に上手く貼れたと、感動しました!!

近くでみると、つなぎ目が…とかはありますが、自分だけの工房なので許容範囲です。

初心者でも、頑張れば上手く貼れると思います(^_^)v

続く

一番苦労した、パン工房の壁紙貼り白の壁紙を貼り終え、次に緑の壁紙を貼ります。 平面の壁は一番簡単だと思います。 壁の形でクロスはいくらでも難しくなるのです(...
予約注文を受付中

ひとぱん工房では、パンの予約注文を受け付けております。

電話、LINE、予約フォームのいずれかで、ご注文いただけます。

予約注文はこちら